やまのぼらーな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 白馬三山改め霧の唐松〜五竜岳縦走 

<<   作成日時 : 2008/08/18 06:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月最終週週末、二週連続でアルプスへ。
今回の予定コースは唐松岳〜不帰ノ嶮〜白馬三山、大雪渓という去年のヤマケイJOY(夏)で紹介されていたもの。

冬にボードで八方尾根に来て、景色のすばらしさに「絶対夏も来る!!」と思った白馬に来ました

そして白馬行くからには、名前からして魅かれる不帰ノ嶮にとりつきたい!と思って計画したコース。
画像


1日目
夜行バスで新宿を出発し、八方尾根ゴンドラアダムに6時着。
が、ゴンドラ運転開始は7:30からということで、
コーヒーいれてパンで朝食をとりながら、待ってる人たちと山談義に花を咲かせます
祖母谷(ばばだに)温泉におりるコースがあるのかぁ、といろんな情報を仕入れられました。

小屋など山で出会う人たちとは山の話が基本的な合言葉。
「どこから登ってきました?」「明日はどこにいくんですか?」が老若男女挨拶代わり。
素敵だな

さて、ゴンドラ動き出したので、上にあがります。
夏のゲレンデは一面お花畑。うれしいような寂しいような。迂回コースもただの道。
画像


リフトをのりついで八方池山荘に到着し、ようやく登山開始です。
曇っているため展望はきかず、八方池も普通に疑問ももたず写真とっていましたが、
あとで雑誌などの写真をみて愕然
ほんとうは天狗尾根がバッチリ見えるはずなのね。。。
画像


八方池を過ぎると登山客のみになります。
今回も小屋泊だけど、一日目は登る時間が短いから、自炊したい!と主張し、
食料つんでいるため、ザックは13キロ。
まぁまぁの重さのザック背負って登っていて、つらかったのが、中学生の林間学校登山とのすれ違い。
登りでけっこうきついのに200回以上「こんにちは」をいいまして、息あがりました・・・

上に上がるにつれてどんどんガスガスに・・・。

11:30 唐松頂上山荘着
ザックデポして、とりあえず唐松岳頂上までピストン。
・・・何もみえません。。。

不帰もこの分だと明日は難しいね〜といいながら、小屋に戻ります。
でも小屋裏では高山植物の女王、コマクサにはじめて出会えました
画像


小屋の受付あくまで食堂でカップラーメン(とやっぱりビール)を食べ、
部屋入ったらお昼寝をしたりしてごろごろ。
ふと目をさますご横殴りの雨

自炊もあきらめて、小屋の夕食をたべ、お酒飲みながら明日のプランを練り直し。
まず、不帰ノ嶮は危険だから却下し(小屋にも「悪天候時は避けましょう」とかいてあった)、
唐松からゴンドラで下って、猿倉まで移動して雪渓のぼるというのもなんだかアホらしいので、
隣の五竜まで縦走して、下まで下れたら下る方向で。

白馬の地図しかもっていなかったけど、次の山行計画をたてるため
「日本アルプス総図」をもってきてもらっていたのがものすごく役立ちました。
天候不良時の代替案をきちんと考えておかなければいけませんね。

2日目
翌朝、天気は横殴りではないものの、雨が降っており、お米はたけないので、
パンとスープで朝ごはん。
視界はかなり不良で風が強く、やや心配だけど結構小屋にも五竜やその先の鹿島槍までつづく
八峰キレットまで行くという人もいることだし、五竜へむけて6時スタート

雨具がババババと鳴るくらいの風のなか、ヤセ尾根でクサリ場多く、ぬれてすべるので慎重に慎重に。
結構なアップダウンがあって白岳へののぼりがけっこうきつく、2時間ほどして五竜山荘に到着
画像
ー。


ザックをデポし、て五竜岳までピストン
画像


なんっにもみえません
でも岩岩しいかんじの登りは結構好きです。
晴れてたら展望最高なんだろーな。
(※百名山14座目)

五竜山荘にもどって手ぬぐいをゲットし、
くだり6時間の遠見尾根に入ります。
稜線から少しくだると視界がクリアになり、大きな雪渓がみえてきたり。
でも相変わらず五竜山頂付近はガスガスの模様。

結構な高度をグングンとくだっていくにつれて晴れだし、
あんなにまちのぞんでいた太陽なのに暑い!

西遠見、大遠見、中遠見、小遠見と、小ピークを登って降りて、
ようやくテレキャビン山頂駅にたどりつきました。

お疲れー
画像


東京までのバスは明日を予約済みだったので、
白馬駅の宿泊案内所で温泉つきの民宿・ふもと荘を紹介してもらって、
とれたて野菜のおいしいごはんと、温泉と、清潔な白いシーツでの安眠をリーズナブルな価格でいただき、
満足。

翌日はレンタサイクルでサイクリングしたり、川にいったり、
立ち寄り温泉入ったりしてバスの時間まで夏休み感たっぷりの
白馬町をのーんびり過ごしました。
画像


山メモ
7月24日夜行
7月25日八方尾根ゴンドラ駅 7:30スタート
     唐松頂上山荘  12:30着 (唐松岳往復)
7月26日唐松頂上山荘  6:00スタート
     五竜岳登頂    9:00着
     白馬五竜テレキャビン アルプス平駅 14:00ごろ着。

メンバー:SJ, ケイタン、macky

*唐松頂上山荘は増築されて部屋も民宿みたいだし、トイレもかなりきれいでした。
 
*交通費 往復「さわやか信州号」10400円
小屋(一泊夕食)代 8000円
ゴンドラ代(八方+五竜) 2660円
計=21,060円


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白馬三山改め霧の唐松〜五竜岳縦走  やまのぼらーな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる