やまのぼらーな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 秘境・雲ノ平へ 〜前半〜

<<   作成日時 : 2008/08/26 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去年に山にはまってから、ずっとずっと憧れていた北アルプスの奥地、
日本最後の秘境と言われる雲ノ平へいってきました

コース
1日目
折立〜太郎平・薬師峠泊
2日目
薬師峠・太郎平〜薬師沢小屋〜雲ノ平泊
3日目
雲ノ平〜岩苔乗越〜水晶〜鷲羽〜三俣蓮華小屋〜双六小屋泊
4日目
双六小屋〜鏡平〜新穂高温泉

前半は雷雨と霧でしたが、後半はいいお天気でした♪

詳細
12日は仕事夏休みとる予定が、午後から出勤したためやはりバタバタと仕度してバス乗り場へ。
今回は初の三泊テントなんで、ザックも40-55リットルのカリマーを新調。(真ん中の)
画像

それがほぼ満タンだったので、こないだの白馬で13キロだったことを考えるとおそらく18キロくらいかな?
ずしっと。太ももにあげてからでないとしょえません


帰省シーズンだったのでギリギリとれた富山行きバスですが、
集合時間に集まってくるのはさわやか信州号と違った客層で女子大生とか。
山の格好したのは私達だけで、完全にういとりました
バス到着時間が若干遅れたため有峰口までの地鉄は乗れず、結局折立までタクシーでいくことに。
山までいくっていったらタクシーの運転手が大喜び
今年初の山行きだったようで私達よりテンション高くて途中お茶まで買ってくれました

折立登山口につくとマイカーも多く、グルッと回って折立に降りてくる人も多いんだろうな。

さて、水をくんで日焼け止めぬっていざ出発
画像


残念ながら山のうえのほうはくもってますが、緑多くていいー
見晴らし台までくると遠く平な原っぱが見えます。
画像


あとは比較的緩い道をダラダラと。
2時間くらいのぼると結構ザックの重さが足の裏にきました
うーん、自分まだまだっす。

四時間のぼり、12時に太郎平小屋到達
ついたービール!!!
画像

山頂も達成感あるけど小屋が見えたとき、ついたときも安堵感でいっぱい

曇りながらも遠くに一瞬水晶と鷲羽が
画像

明後日にはあっちまでいくのかー。
で、薬師峠まで下ってテン場へ。
昼すぎというのに結構テン場混んでて、微妙に斜めなとこですがしかたない。
早稲田の山岳サークル(山研)がテントはってて早稲田山岳サークル出身者の
同行メンバーは学生時代を思い出してなつかしんでたようです。
(その後四日間山研と同ルートでした)
画像


1日目の夕食はカレー
なかなか美味しくご飯たけました
と、持参したミニトマトが好評で良かった
ラジオもってきてもらってたので7時のニュースをきいたら、
「前線が日本海に停滞した」とかで思わず苦笑
今夜も星は見えないなー、と就寝

2日目
3:30起床。
周りももう起きてます。
雨降ってるかな?と入り口あけたら、一面星空
今年初です
去年の穂高には少し劣るけど、ちゃんと流れ星も見えました

夜明けが近づくにつれて少しずつ雲がたれこめて…。
朝ごはんたべてテント片付けて、今日はいよいよ秘境・雲ノ平まで
何気にアップダウンがあるコースです。
薬師沢小屋までの下りは木道通りながら歩きやすい道をテクテク
画像

沢もいくつか越えてルンルン気分。(沢好き)
画像

結構下ってようやく薬師沢小屋に到着。
画像


小屋は川のほとりにあり、イワナがつれるという渓流がすっごーく透明できれい!
ほんと、生まれたての水だもんなー
沢登りしてる人も何人かいて気持ちよさげでした。
水くみ直したり写真とったりのんびりすごし、
赤いつり橋わたって、ストックしまって軍手して。いざ、雲ノ平へ
急登ガンバレ!って看板でてたけど、ってほんと急
登るのに必死で誰も写真とってないんだけど、
両手両足を使って苔むした岩で体をあげていく道がひたすらつづきます。
何度も上をみあげてまだあるなーって思いました。
重心がずれるとザックがぶれて体力消耗するので
ほんとに次の一歩のことだけを考えてひたすらあがりました。
かなりきつかったけど、そのきついのがちょっと好き、と思ってしまうドMです。
上ること2時間半、ようやく木道にたどりつき、プラス1時間でアラスカ庭園到着
画像

「水晶岳の眺めが素晴らしい」らしいですが、お約束で何も見えません
奥日本庭園も同じく。
でもそこここにチングルマの穂があって、あと10日早かったら最高なんだろうなぁ〜
で、もうすぐ祖母岳かな?ってところで、一瞬視界がすこぅし晴れ、
眼下に広がる草原がっ
ラピュタきたー
画像

と、興奮気味で写真とりましたが、やはりガスってます・・・。
でもガスってても素敵です
原っぱのなかを歩いて雲ノ平山荘に到着
さらにすこし歩いてテント場に13:00到着。

荷物を少しでも軽くしようと、梅酒と焼酎お湯割り飲みはじめて
一時間くらいした頃からはげしく雷雨が
めちゃめちゃ落ちてる音がしました
テントの中も100%安全ではないけど、この豪雨のなか外には出る気しないし、
ひたすらビクビク通り過ぎるのをまって、ようやく2時間後ぐらいに
テントから出たらテントはったすぐ横に小さな小川がコポコポと新たに出現。
雨の合間をぬって、ごはんたべて(雑魚ご飯と味噌汁)、
ラジオ聴いて、就寝〜


後半へつづきます

山メモ
1日目 折立8:30 
     太郎平小屋 12:30
2日目 薬師峠テント場 5:40
     雲ノ平テント場 13:00

*薬師峠テント場
豊富な水場あり・バイオトイレ
斜面多し。

*雲ノ平テント場
豊富な水場あり・バイオトイレ
岩の合間の平らなスペースを早めに確保する必要があり。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秘境・雲ノ平へ 〜前半〜 やまのぼらーな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる