やまのぼらーな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 南八ヶ岳 森と絶景の山

<<   作成日時 : 2008/09/20 14:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

三連休、家族旅行が延期になったため、急遽八ヶ岳いってきました
ヤマケイJOY秋号の特集をみたらいきたくていきたくてたまらなくなったから。
画像


茅野駅0930発のバスにのること、行者小屋にテントはること、
赤岳を登ることだけをざくっと決めてGO

朝、立川からあずさに乗って0907茅野駅着。
ヘッドライトの電池CR2がきれてることが前夜判明し、
コンビニにも売ってなくあきらめてたとき、バスを待ちながら、
あ、GR1(フィルムカメラ)の電池いれればいいんだ!と気づき、
あけようとしたら間違ってフィルムの裏ブタあけました…
バカ
鳳凰の写真はいってたのにー。替えのフィルムもないしー。ハー凹
ま、しょうがないので古いデジカメに頼ろう。。。

バスに40分くらいゆられ、美濃戸口に到着。
最初の一時間は車も通る林道で、結構車の行き来がありました
画像

赤岳山荘着。

ここから登山道に入ります。

しらびその林の中を歩いていきますが、苔が多く、気持ちよい道でした
去年屋久島いってから一気に苔好きになった私です。
かわいい
画像


そして大きい岩をみるたび「いけるかな?」と反応するボルダラー脳(笑)
画像


一時間くらいすると視界が開け、目の前にいかつい山肌が!あとで確認すると横岳でした。
画像


変化があって楽しく、おとぎ話みたいな道だなー。
画像


うーお腹空いた、と思うころに行者小屋到着です
画像


テント設営して(結構いっぱいだった)、小屋の前で生ビールとカレーいただきっ
画像


一息ついたら中山展望台までお散歩。
赤岳〜横岳〜硫黄岳が眼前に迫ります。
明日いく赤岳。
画像


ゴツゴツした横岳。
画像


硫黄岳が左の方に。ぐるっと一周したかったなー。
画像


テントにもどり、同行者がなんと今回コーヒーミルを持参してくれ、
山の上で引き立てコーヒータイム
画像

画像


贅沢だ〜

ひとしきりまったりしたあと夕飯準備。
今回は「JOY」な山登りのため、ちょっとだけこだわり。
夕飯(私担当)のコンセプトはワインに合うメニューということでペンネとパスタソースとスープとパン。
画像


簡単でいいかも、これ
人数少ないときはパスタ案でいこう。
ゆで汁はスープにして、パスタあまってもスープにいれればよし、
パンで食器もふけるし。

夜は雨降ってきました
明け方結構寒かったので秋山にむけて防寒必要だなー。
ダウンとヒートテックTシャツがほしい。
(また出費が・・・

2日目
雨はやんでいて、すこぅし明るくなってから出発。
テントをおいていける(濡れたテントをすぐ畳まなくていい)ってのがうれしいベース登り。

まず阿弥陀岳へ登ります。
稜線にでたら、、、富士山が!
画像


目の前には権現へのキレットが。
画像


そして、急なガレ場を登りきると、、、うわーーーーーー!!!

思わず歓声をあげてしまう景色がそこに。
雲海の先に南アルプスから中央アルプス、北アルプスまでずーっとみえました

南アルプス!
画像


御嶽山と中央アルプス!
画像


そして遠くに北アルプス!!
槍もみえる!
画像


なんてすばらしい景色でしょう。
ほんと、これだから山はやめられません。

かなり頂上からの展望を満喫して、またコルまでおります。
そして中岳をへて赤岳へのすべりやすい道を登ります。
途中小さな秋発見
画像


振り返ってさっきいた阿弥陀岳。いい山だー。
画像


赤岳へ最後登る道は急な岩場で足場が悪いのだけど、
画像

通りすがった下りのパーティで一人、女性がバランス崩したせいか、滑落しました・・・!!
なんとか二回転くらいでとまって同行者に助けられ、大事にはいたらなかったようだけど、
止まらなかったらずっと谷が続いてたし、ほんとにほんとに怖かったーー
慎重に慎重に。

赤岳山頂につくと、すごい風です
頂上小屋(ほんとに頂上横にある)をすぎ、天望荘の横(というか裏)で、モーニング準備。
@トーストにオリーブオイルを塗ってフライパンで焼く。
画像

画像


Aコンビーフを入れてスクランブルエッグ。
山の上で卵とくのは初めての体験。
(出来上がり画像がおいしそうにとれてなくて残念ですが、すっごい美味しかった!)
画像

画像


コーヒーを飲んで、風が強くて結構冷えてしまったので、そこそこに切り上げ、
地蔵尾根へ向かいます。

横岳〜硫黄岳の稜線が雄大
画像


地蔵尾根もすべりやすくてあまり足場がよくなかったなー。
文三郎尾根も見た感じ急そうなので、私たちが登った阿弥陀へののぼりが一番のぼりやすかったのかも?
展望が登ってるときにはあまりないから、稜線出たときの感動がすごいし

行者小屋戻って、テントを撤収し、美濃戸口までまた林の中をテクテクサクサクともどります。
林のなかだと光が足りなくて、私の古いデジカメちゃんは全く機能しないので、
コケ写真はあきらめ。同行メンバーの写真に期待です。

やまのこ荘できのこ汁の休憩をとって、八ヶ岳山荘に到着。
お風呂を独り占めしてさっぱりして、帰途につきます。
帰りはあずさ自由席ずっと座れず。(7割以上登山者。みんな北アとかいってたのかなー、いいなー)
ちょっと待っても指定席に乗ればよかった。。。(後悔)

まとめ
森と絶景と、本当にとってもいい山でした
人気のあるのがわかります。
即八ヶ岳、ホームグラウンド決定です
とてもとても楽しかったです。
来月の北ヤツも楽しみ〜
天狗岳、硫黄岳に登りたいなー

山食もいろいろ改良が必要だけど、なかなか楽しめてきてます
ランタンもほしいなー

山メモ
9月14日 10:30美濃戸口発 13:40行者小屋着
9月15日 05:26行者小屋発〜阿弥陀岳〜赤岳〜行者小屋〜13:45美濃戸口着

メンバー:ケイタン、macky

*行者小屋 幕張代1000円/1人
そんなに広くないけど小屋にも近く、わりと張りやすい。
トイレもきれい。

*精算
あずさ往復 4620円×2
バス茅野〜美濃戸口往復 1500円
幕張代 1000円
=合計 11,740円
(+食費1,300円)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
僕の初小屋泊え行ったルートと同じだ。モンベルのツアーだったけど此処から本格的な山歩きが始まったんだな〜思い出の地。写真も料理も素敵です。
ちゅうさん
2008/09/21 23:56
ガスってないときの景色はこんな感じなのかー
いつかリベンジせねば!

そして、電車で行くと結構かかるんだね。
☆マコト
2008/09/22 00:15
>ちゅうさん
確かに初めての小屋泊にはオススメですよね。
あの景色をみたら絶対はまっちゃうと思います!

>☆マコトさん
私も期待以上の景色だったのでかなり感激でした!
来月硫黄からもみれるといいなー。

そうなんですよー、あずさ往復何気にかかって、あんまり北アルプスと変わらない?と思いました。
車だとこんなに経済的とこないだびっくりしましたし。
macky
2008/09/22 08:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
南八ヶ岳 森と絶景の山 やまのぼらーな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる