やまのぼらーな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄金色の北八ヶ岳と本沢温泉

<<   作成日時 : 2008/10/27 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

憧れの落葉松が黄葉した北八ヶ岳と本沢温泉にいってきました
画像


まさに白秋の世界(帰ってからこの詩は知りましたが)
『からまつの林を過ぎて、
からまつをしみじみと見き。
からまつはさびしかりけり。
たびゆくはさびしかりけり。』
−北原 白秋(落葉松)-


こないだ鳳凰登ったメンバー含めてコミュイベントで総勢12人でわいわいと。
一日目雨の天気予報がはずれて、景色もよく、
金色に輝く八ヶ岳をみ、さらには初雪にもあい、大満足

0日目
今回も府中ピックUPです
渋滞も、タイヤパンクもなく(笑)、スムーズに談合坂まで到着。
韮崎ICでおりてコンビニにより、ビール(カロリー気にして糖質0)を買って、
稲子湯まで進みます
結構下道が長く、途中トラックにあおられたり、デリカを起こしたり(笑)しながら、
2:00ごろ稲子湯着。
満天の星!!
星空は今回ちょっとあきらめぎみだったので、うれし〜
テント設営して星見酒♪
2:30就寝・・

翌日5:00起床、テント片付け、朝ごはん食べて、
紅茶をポットにいれて、6時半出発。
今回は小屋泊なので、テントもシュラフも銀マも温泉グッズも
全部車においていけるので、ラクチンです。
夜にはきづかなかったけど、一面黄色の世界。
画像


今日はにゅう(乳)へ登り、天狗岳へいく予定です。
林のなかで展望がなかなかないけれども、
それでも木の合間から除く金色。
画像


しゃくなげの林の中を進み、しばらくすると富士山もきれいに
画像


登りはじめから2時間くらいしたところで、ニュウヘの分岐。
画像


しらびその林とコケの緑が美しいです。
画像


ここで休憩して、地図をみていて、近くに母校のヒュッテなるものがあることを発見!
そういえば、学生時代そんなのがあったときいたようなことがあったかもしれないけど、
八ヶ岳にあるなんて全く知りませんでした。
山登りをとは程遠いカラーの学校なのに昔はアルピニズムがあったんだー。と静かに感動。
でも何気にこの山仲間には同窓生がけっこういて、今度いってみよーという話に。
(いずれもソフィアンカラーではないですが・笑)

(帰宅後調べたら建設は1935年、学生と職員で建設されたそう。
 壁にはゲーテの詩が原文できざまれ、簡素な礼拝堂もあり、薪ストーブの音しかきこえない、
 静かな小屋ということ。串田孫一も滞在したそうで、ぜひいきたいです。)
 


そして、一時間強歩いて、稜線でました!
ニュウ!乳!にゅう!NEW!
画像


天狗と硫黄!
画像


槍穂の大キレットもくっきり!
画像


浅間山と落葉松と緑のグラデーション。
画像


ひとしきり強風のニュウで写真撮影をしたあと、中山峠までむかい、
手短に昼食休憩。
この時点で11時30分くらいだったので、天狗岳にまわっていくと16時すぎるということで、
計画を変更して、本沢温泉におりることに

と、おりはじめてすぐに、ニホンカモシカに遭遇
はじめてお会いしました!!
画像

(親に写真みせたら「イノシシ?」といわれましたが)

本沢温泉に降りる道は最初少し急でしたが、
あとはのんびり平坦な道で、林の中をてくてくてくてく
ダケカンバの林からニュウをみあげ、
画像


おとぎばなしのようなしらびその林を抜け、
画像

画像


本沢温泉到着です
画像


さて、荷物を部屋にかたしたら、乾杯〜
私は漬物とマッコリを持ってきたけど、タマゴさんが千葉産高級落花生、
アドさんからは2リットルワインとkiriとベルキューブチーズ(大好き)、
ハーリさんがカステラとローストポークと
画像

絶品珍味のあぶって食べるホタルイカ!(これが苦味があってかなり美味しかった〜
そしてそして、ちゅうさんが、用意してくれた大学イモ。(注:あげてます!)
画像


と、オトコアイアンさんが作ってくれた山料理の数々
(チャーハン、じゃがいもとコンビーフいため、麻婆豆腐)
どれも絶品でした
画像


テラスでわいわい楽しみました

おなかいっぱいになったけど、足先も寒くもなってきたので、
内湯に入りにいくことに
つかるだけだけど、薄めてない源泉そのままで、
あったまる〜〜〜
山にきて温泉につかれるなんて、最高のしあわせ

一眠りしたあとにまた小屋の夕食です。
今日は山の神の祭りということで濁酒(どぶろく)飲み放題
画像


夕食後メンズは外湯に入りにいき、かなり楽しかったようです(笑)
今夜は残念ながら星がみえないので、20時に消灯して就寝・・・。

2日目
夜明け前におきて、ご来光と、硫黄岳目指して夏沢峠まで向かいます。
寒いかなーと思い、着れるだけ着たけど、登り始めるととたんに暑くなりました
1時間くらいで夏沢峠までいきましたが、
時間的には日の出の時間だけど、今日はあいにく曇っていて見えなそう

ここで夏沢峠に残るメンバーと、早めに帰るアイアンさんと別れ、硫黄岳へ。
稜線に出始めると風がものすごい強風
寒くて脱いだものをまた着て歩いてたら、なんと雪です
今年の初雪
雪、というとこんな条件でもちょっとうれしい気持ちになる私。
が、風は容赦なく強くてとばされそうになるわ、サングラスしてないから雪は目に入って
うまくみえないわ、手袋もオーバー手袋もってきてないので、寒いわ、で
結構過酷な登り。
でもなんとか到着
画像


さ、さむーーーーーーーーーい

横岳方面は見えたんだけど。
画像


氷室のような小さな小屋に風をしのぐために6人入って、一息

くだりは一刻も早く稜線から森林に入りたくて、あとカップラーメンを心の支えにして、
爆裂火口をみながら、かなりの急ペースで下り、
1時間ちょっとで本沢温泉までくだっちゃいました
画像


寒い中おりてきたので、ラーメンもコーヒーも最高においしかった〜
ラーメン食べている間に、結構雪が強くなってきて、
雪景色で雰囲気ある風景に・・・。
画像


あとは今日はのんびりとした下りのみなので、
落葉松の葉のじゅうたんのなかを、みどり池、しらびそ小屋をとおり
画像

画像


稲子湯とうちゃーく
2日間お疲れ様でした
稲子湯に入って汗を流してさっぱりし、
須玉ICから高速のって、また双葉SAでご飯を食べて解散!
楽しい楽しい2日間でした。

まとめ
二回目の八ツでしたが、やっぱり好きです〜
南と北、夏と秋で本当にいろんな顔を持つ八ヶ岳、また来ます
次はあこがれの黒百合ヒュッテから天狗岳にあがろうっと。
メンバーにも恵まれて本当に楽しかったです。またいきたい!

山メモ
10月24日夜行マイカー
10月25日
6:30稲子湯出発
13:30本沢温泉着
10月26日
4:50本沢温泉発
6:30硫黄岳着
8:30本沢温泉着
10:30稲子湯着

メンバー:ちゅうさん、のりこさん、マコトさん、アイアンさん、アドさん、ハーリさん、ゆかさん、
ぶんさん、うみやまさん、さん、タマゴさん、macky

*本沢温泉
お風呂があるってすばらしい。
個室をとってくれてたので、一人一個のふとんでゆったりです。
トイレも水洗できれい。

*交通費 
往復マイカー4500円
宿泊代(夕食代+濁酒代) 8750円 
稲子湯 600円
計=13,850円 






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄金色の北八ヶ岳と本沢温泉 やまのぼらーな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる