やまのぼらーな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪のソフィアヒュッテと白駒池

<<   作成日時 : 2009/04/11 10:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

またまた一ヶ月くらいレポ遅れてしまいましたが。。
雪降る北八ヶ岳にスノーシュートレッキングと、ソフィアヒュッテを探検しにいってきました
画像


今回の目的はソフィア八ヶ岳ヒュッテを漫喫すること!

秋に本沢温泉にいったときに、地図をみていて発見した上智大学八ヶ岳ヒュッテ。
山仲間にソフィアンが数名いたことから(大変珍しい)、
3月に決行となりました

もうちょっと大人数でわいわいいく予定だったのですが、
みなさん都合がつかず、結局ソフィアン三人で探検へ。
天狗とかにゅういくとか白駒いくとかいろいろ話はでましたが、
1日目は雪という天気予報のため、
ゆっくりめの出発でまずはソフィアヒュッテいくだけを目的に。

1日目
9:50稲子湯着
画像

高速はすごい豪雨で、長坂IC降りても雨でテンションさがりましたが、
稲子湯まで来ると雪にかわってきました。
今日はのんびりまったり予定なので稲子湯で
ヒュッテまでの道の状態をききつつ先にお風呂

おばあちゃんにも「もう入るの?」と驚かれました(笑)

さて、ポカポカにあたたまったら出発。
白樺尾根の下の湿原トレッキングコースから入ります。
画像


雪が降り積もりキレイでしんしんとしてます。
画像


んが、横のスキー場、小海リエックスの音楽が騒々しくて閉口。

30分ほど歩いて林道との分岐に到着。
少し歩くと雪に埋まり出したのでスノーシュー装着。
画像


この時かその前かでオーバーミトンを落としたことに気付く。
まー、ボロボロだったしいっかな〜。

しばらくまっさらなパフパフの林道を歩きます。静寂の雪の道。美しい。
画像


細い川を二回わたりますが二個目の橋が上智橋。
きっと日本中で母校の名前の橋はここだけかと。
画像
画像


すぐに八ヶ岳ヒュッテの看板。
画像



下ったところに建物が。
画像

礼拝堂です。
画像

素敵〜
お祈り。
画像


さらにさがるとヒュッテ到着!
静かに雪が降るなか木立の中、思い描いていた通りの佇まいです。
画像


素敵〜
画像


注意事項も哲学めいています。
画像



入り口の言葉。
画像


UBI CARITAS, IBI DEUS(ウビ カリタス イビ デウス)「愛と慈しみのあるところに神はいる」.
らしいです。

扉をあけ、ギイーと緊張の一瞬。
画像


ライトの明かりを頼りに窓をあけると室内はこんな感じ。
薪ストーブが素敵!
画像

寒いので火をおこして、ストーブにあたり、お湯をわかしてお約束のラーメンいただきます。
調理用具もたくさんあり、プロパンガスなので火起こすのも楽チンです。

ただ水は凍結していたので、雪をとかします。(ついでにビールも冷やせたり)
画像



薪ストーブたいているもののテントブーツがない私はちょっと足が寒い。
薪割り体験もしてみました。(なかなか難しい)
画像


ご飯たべおわってしばらくダラダラしてたら晴れてきました

そして「かまくらをつくろう」の提案に乗ります。
最初は小さな小山も中になり外になり女子二人で2時間半あまり無心でかまくらつくり
3人入れる大きさになり、コーヒータイム。
画像

画像


シャベルがみあたらなくて、ちりとりでつくっていたのに
作り終わったら倉庫発見。中にシャベルたくさんありました
倉庫にあったそりで遊びます。
画像


そんなこんなで日もくれてきたので、夕飯の準備。
ろうそくとランタンの明かりのもと、
お米をたき、サラダをつくり、ソーセージをやき、カレーを作り、ワインを温めます。
画像


おいし〜

パチパチという薪ストーブの音と風の音だけ響く静かな静かな夜。
談笑してすぎていきました。

壁に刻まれていたゲーテの詩「旅人の夜のうた」のような夜。
ゲーテが山小屋の壁に鉛筆で書いた詩だそうです。
画像

山々の頂にはみなやすらぎがあり 梢をわたるそよ風もない 鳥たちのさえずりもなく
森は静まりかえる 待つのだ やがておまえもやすらぐだろう
Über allen Gipfeln Ist Ruh, In allen Wipfeln Spürest du Kaum einen Hauch;
Die Vögelein schweigen im Walde. Warte nur, balde Ruhest du auch.


毛布を2重3重にして畳がしいてある二階で寝ましたが、夜中はやはり寒かったです・・・


2日目

今日もよいお天気
朝ごはんをたべ、身支度をし、かまくらに乗ったらしゅっぱーつ!
画像


ヒュッテを名残り惜しみつつも分岐までもどります。
いい天気!
また来るね!
画像


分岐から登っていきますが、木々の間からちらりと硫黄岳の爆裂火口。
かっこいー。
画像


この道、あとは眺望なく、ひたすらシラビソの樹林帯のなかを登っていきます。
直登も結構あり、スノーシューの歯をしっかりかませて登ります。

2時間ほど歩き、ようやくにゅうや白駒池への分岐到着。
あとは平らなみちをテクテクと。
画像

最後はやや下り。すべるようにおりていきます。

白駒池到着!
画像

小さい頃、父親につれられて一度白駒池まできたことがあるのですが、
記憶のなかよりもずっと小さかったなー。
お昼ごはんたべます。
画像


一面雪の原をちょっと散策。
画像


スノーシューはやっているからか、ツアーと思しき10人くらいの足跡がありました。

帰りは最初登りですが、急な白樺尾根に取り掛かるとスノーシューは埋まらなくなったところではずし、
あとは白樺尾根を滑るように転ぶようにかえっていきました。
シリセード。
画像


樹林帯をぬけると、昨年11月に歩いた金峰→甲武信への道が。
長い。。。一日であれだけ歩いたとおもうと、自分を尊敬!
画像


2日間もりだくさんでしたがお疲れ様でした
画像


美味しいそばを食べて家路につきます。


まとめ
実現したソフィアヒュッテ企画、想像以上に素敵な場所でした〜
また何度でもきたいところ。
八ヶ岳も夏・秋・冬とこれて、ほんとうにいいとこだなー。
来年こそは天狗岳へいくぞー!

※なお、ポケットにカメラいれてかまくらつくってたらこわれたので、
その後の写真はatsuさん、mokoさんの写真をお借りしてますー。
私もいいカメラほしくなるなー。


山メモ
1日目
11:20白樺尾根入り口出発
13:10ソフィアヒュッテ着

2日目
8:30ソフィアヒュッテ出発→10:50白駒池への分岐着
11:45白駒池着 〜昼食〜 12:20白駒池出発→14:30白樺尾根入り口着

*上智八ヶ岳ヒュッテ詳細
http://www.sophia.ac.jp/J/student.nsf/Content/hyutte
1泊1800円です。
鍵を取りに行って返さなきゃ行けないのが難点。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
白駒池(北八ヶ岳)+α【山行記録】〜 冬のソフィアヒュッテ
2009年3月14〜15日 白駒池(北八ヶ岳)+α テーマ: 日本百名山 雪山 積雪期 登山 山小屋泊 天候: 1日目雪、2日目晴天 ...続きを見る
海男、日本百名山に挑戦! Vol.2
2009/04/13 17:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時

おー、やっとアップしたねー。 にた。
atsu510
2009/04/13 17:14
アップ待ってましたよん。
かまくら作るの やってみたいです!
楽しそうだなぁー!

もうすぐマラソン?
mimi
2009/04/13 20:53
同じく、待ってました!笑

ほんとたのしかったねー。あっという間に雪シーズンも終わりで悲しいけど。。 来年もまたいきましょう。
mokojiro
2009/04/14 21:08
☆atsuさん
ほんと、お待たせしました〜(^^;)
書きながら思い出して楽しかったです。

☆mimiさん
かまくら作り初めてだったんですが、無心で作成。
楽しかったです。

マラソン今週なんですよ〜。体重も落とせてないし、だいぶやばいです。

☆mokoさん
楽しかったですねー。
また来年もいきましょう。
雪の季節終了で寂しいですが、スプリングエフェメラルに会いに春山にも行きたいですね♪

macky
2009/04/15 07:26
つーかすげーw
哲学めいてます とかいってウケル(笑)。さすがソフィアw
学科の友達と行ったわけじゃないよね?だって誰も思いつかないよこんなとこ一緒に行く体力がありそうな人なんて^^;

楽しそうでいいねー!是非行きたいわ♪
やすよ
2009/12/04 23:34
☆やすよさん
そう、さすがソフィア!
礼拝堂とか素敵だったよー。
たまたま山仲間にソフィアンがいたのですよー。
学科でのノボラーはおそらくオンリーワンな気がしてます。2人目歓迎。
2
macky
2009/12/07 05:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪のソフィアヒュッテと白駒池 やまのぼらーな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる