やまのぼらーな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨のち晴れの飯豊山の錦

<<   作成日時 : 2009/11/29 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

10月連休、紅葉の錦を求めて飯豊山いってきました。

また2日間ガスに包まれましたが3日目にはおかげで素晴らしい景色に出会えました!!
画像


前回とはルートは違って梶川尾根から梅花皮(カイラギ)小屋を目指して。

アプローチ〜一日目
連休前に混んでいる電車に恐縮しながら乗ってatsuさん達にピックアップ。
いい加減ドライバー要員にならないとと思うのですが、せめて右ハンドルでないと…。
ということで後部座席でひたすら寝てます クークー。

3:30飯豊山荘ゲート前駐車場着。仮眠。

朝起きるとお?青空です。

三連休ですがあまり天気予報がよくなかったせいか車はそれほどでもないです。

今日は北股岳を越えて梅花皮小屋まで行く予定なんで標高差1600m。
シブ。久々に気を引き締めて登りだします
っていきなり急登ですけど!わらっちゃいます。
画像

尾根沿いにぐいぐい行くのでしばらくたつともう山荘は眼下に。☆
帰りの温泉が楽しみです。

紅葉してきています。
赤。
画像


黄。
画像


石転び沢がみえてきます。
いつかいってみたいです。ガスが惜しい。
画像



途中梅花皮小屋の管理人ご夫妻からナメコをもらいました。
ナメコ汁しよう!ということで体力なかったら門内小屋泊りにしようと思ってた計画は忘れ気味に。

五郎清水の水場まできましたが、予定より早くつきました。
少し下がったとこに水場はあるようです。
画像


ガスが強くなり少しパラパラと降ってきました
梶川峰の稜線に出ました
ガスが晴れたら最高の景色なんでしょう。
画像



門内岳避難小屋につきました。
山やさん達が宴会をしていました。
画像

酒もなべも瓶ごとかついできて「軽量化」という言葉と無縁の山やさん達です。
山で宴会をするために登ってくるんだろうな〜

時間もまだ余裕があるので、やはり梅花皮小屋までいくことに。

ガス中の門内岳。
画像


北股岳。
画像


梅花皮小屋着
待望のなめこ汁!
画像


寒いので鍋もおいしいですー。
ビールも小屋でいただけました。
画像


2日目
翌日。雨風ゴーゴーしているので、しばしゴロゴロ。
アルプス全図をみながら夏山山行の行程を振り返り。

それほど天候はよくならないけど出発します。
雪景色。
画像


赤と白。
画像



池をとおりこし、天狗の庭につきました。
画像



確かに天狗が遊びそうなところです。
画像



ここまできたらすぐ御西小屋です。
画像


しばし休憩して大日岳までいこうかと思いますが、
天候がまったく改善しないのでもうここに停滞決定。

ごろごろ。

今日はカレー鍋です。(美味)
画像


小さくてきれいな小屋ですが、最終的に30人以上泊まったようです。

ディープ飯豊ラバーが続々集まりました。
愛されている山ですね〜。

今日はほとんど行動してないのでなかなか寝付けず。

3日目
今日は晴れることを期待していますが、朝おきたらこんなかんじ。
ひょー。
画像


ですが幻想的で美しいです。
画像


待望の薄日がさしてきます
画像



待ちわびた、太陽さん、でてきてください
(と叫びまくり)
画像


神秘的★
画像


きました〜〜
青空!!
画像


3日分の鬱憤を晴らすように写真をとりまくります。
画像

画像


声が出ない景色ですが、キャーキャーいってます。
画像


画像


本山がみえてきました。
画像


3人ブロッケン現象です。
画像



本山到着すると本山小屋のほうはご来光がまぶじいです
画像


はーーー。最高です。
胸にじーん。
本当に山っていいなーーっておもいます。
画像


今日下る大グラ尾根です。
画像


氷の世界をすぎると錦の世界です。
かっこいい尾根です。
画像


結構UPDOWNをくりかえしながら進みます。

カステラ休憩
画像


うーん、これをみたかったのです。
画像


いい道です。
画像


しかし、バランスが悪い私はコケコケしまくりでした。
一回何てことないところで転んだのはいいのですが、
ザックがバウンドして亀のようにうらっかえしに稜線からはずれてうつぶせに
笹や低灌木があるから助かりました。
その姿に自分でもしばし笑いがとまらず。
雪山歩いてバランスを鍛えないとです。

見とれる景色はつづきます。
画像


日本っていいなー。
画像


ちょっとした岩場をのぼって休憩。
画像


いい眺めです。
画像


その後もざくざくと滑りながらくだって泥まみれになりつつも1700mくだりました。

川に出ます。
画像


飯豊山荘に到着しました〜。
お疲れ様です。

お風呂であったまり、疲れを取ります。
梅花皮小屋のご夫婦にも再会。

おなかがすいたので下ってすぐのうどんやさんに入ります。
画像

飯豊の写真もたくさんありました。

熊。
画像



熊入りそば。
画像


また長い道のりをとおって東京に戻ります。

まとめ
飯豊は3日目にしか晴れないジンクス(笑)
でも霧氷も紅葉も道も最高でした
次回は花満開のころにきたいです。
東北は奥深くて本当にいい山でした。


山メモ

メンバー
atsuさん、mokoさん、macky
(写真一部お借りしてます)

10月10日(飯豊山荘→梶川尾根→梅花皮小屋)
6時過ぎ飯豊山荘〜9:00湯沢峠〜10:30五郎清水〜13:35門内小屋〜14:30北股岳〜15時過ぎ梅花皮小屋
10月11日
8:15梅花皮小屋〜10:55御西小屋
10月12日(御西小屋→ダイグラ尾根→飯豊山荘)
5:30御西小屋〜7:00飯豊本山〜14:00飯豊山荘

ふー、やっとかきおえた。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
飯豊山、ちょうど11年前に登ったときの写真があったので見返してみました。3日間晴天で、朝焼けがとてもきれいでした。ここも長らくご無沙汰している山なので久しぶりに行ってみたいところですが、確か標高差がかなりあって初日けっこうきつかった記憶があります。なめこ汁、おいしそうですね!
naki
2009/11/29 18:57
見事に今回もまた三日目のみ晴れたのね。
すばらしい景色でキャーキャーと叫ぶ声が聞こえてくるよ。
東北の錦はすばらしいね。私もまた行きたい〜(あの標高差はしんどいけどね)
mimi
2009/11/29 19:02
>nakiさん
コメントありがとうございます。
頂上でも2000mちょっとだからラクチンかな?と
思いつつのぼりだしがだいたい500m以下なので、
結構標高差あるんですよね〜。
3日間晴れましたかー、うらやましいです。
奥深い山だからいろいろ楽しめそうです。
macky
2009/11/29 21:18
>mimiさん
さわがしかったです(笑)
だって感動したんですもーん。
次は朝日にいってみたいです。
macky
2009/11/29 21:19
飯豊はいいですよね。
何度でも足を運ぶべきです!(笑)

3日目の感動。
わかります!
三脚マン
2009/11/29 21:34
>三脚マンさん
コメントありがとうございます。
三脚マンさんほど頻繁にはこれませんが(笑)、また来たいです。
ブログ書きつつ写真みながら気持ちは飯豊にとんでました。
macky
2009/11/30 07:49
今シーズン二度目の飯豊ですか?
紅葉に着氷した雨氷、、美しいですね。
惚れ惚れです。

鍋もおいしそうですが、
梅花皮から本山までの稜線がなにより、
おいしそう。。 いいぬあ。
ぽっか
2009/11/30 12:57
>ぽっかさん
ばったりした7月の飯豊から二回目です(^-^)
季節も違うし、本山の手前と奥ではまた雰囲気が違って、よかったですよ〜。
macky
2009/12/01 23:31
キャーキャー
いい景色だねー☆
カステラ食いたくなったよw
☆マコト
2009/12/02 01:28
>☆マコトさん
コンパクトの実力でも伝えられるくらいいい景色でした!
本当はもっといんですけどね。
カステラもmokoさんがもってきてくれた福砂屋かどっかのでめっちゃおいしかったです。
macky
2009/12/07 05:25
Nice viewですね。
デジ一ならコンデジよりもっと良く撮れますよ。
PJ@FreeTibet
2009/12/08 10:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨のち晴れの飯豊山の錦 やまのぼらーな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる