やまのぼらーな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 百花繚乱 初夏の秋田駒ケ岳

<<   作成日時 : 2010/09/05 23:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

7月上旬まで初海外出張のその準備で、仕事できゅうきゅうとしていたのが一段落。
帰国して、ようやく山にいけるわ〜
と、上旬にmimiさんをお誘いして、提案うけた秋田駒へいってきました!
お天気はガスでしたが百花繚乱お花畑満喫しました
画像


1日目
田沢湖からのバスの時刻に合わせて遅めの8時半に東京駅集合。
結構山ガールいました。

秋田新幹線こまちに乗って、一路田沢湖へ。
画像


3時間爆睡。グー。

田沢湖駅は人はすくないけどキレイな駅でした。IRISのロケが行われたらしい。
ついたら雨がパラパラと降ってきました。
お弁当と夜用発泡酒を仕入れてバスに乗ります。

小屋に着くとガスってますがかろうじて雨は降っていないですが、
登ってきた人はぐっしょりぬれていました。
二階にシュラフやマットなどいらないものをおいて、雨具をきて秋田駒までピストンしてくることに。

登り始めて1分で早速高山植物ハクサンチドリに。
こんなにすぐに会えるってすごい。
画像


石楠花もさいています。
画像


火山らしく真っ赤な土。
画像


ウブウブがかわいいエゾツツジ。
画像


チングルマはあらかた綿毛になっていて、「もう少し早かったね〜」と残念ながら歩いていきます。

秋田駒ケ岳の頂上男女岳までピストン。
ガスっていて何も見えず、mimiさんからビスケットをもらってプチ休憩。

画像


秋田駒からおりて雪渓の横にいくと、あきらめていたチングルマがいっせいに咲き誇っていました
画像


画像


かわいいヒナザクラも群生しています。
画像


阿弥陀池までもどり、横岳を目指してすすみます。
なぜなら『コマクサ群落』と書いてあるから

大焼砂のところの分岐のところで戻ってきたご夫婦に会い、「コマクサ咲いていますか?」とたずねると
「すさまじいですよ、時間が許すならぜひ」との答え。

これは行くっきゃない。
稜線でガスっていて風も強いですけど下っていくとザレ場がでてきて、
コマクサの雰囲気!と思っていたらでてきました、群生

レンズをズームに変えてバシバシ撮影に没頭
画像

画像

ちょっと色が薄めかな?のコマクサちゃんたちです。

ガスが一瞬晴れたときに白い帯のようなのがみえて、「もしかしてあれは全部コマクサ!?」と
風にゴーゴーとあおられながらもう一度ガスが途切れる時を待ちます。

ちょっとあきらめかけてもどりかけたとき、ぱぁっとガスが一瞬はれ、視界がクリアに。
画像


焼けた砂のような黒い斜面にみえる薄いピンクのものはすべてコマクサ!
まさに「すさまじい」です。きてよかったー

帰りは焼森山をとおって小屋に戻ります。
画像

こちらもコマクサが咲いていました。白いコマクサ。
画像


目だたないけど、キレイな花です。
画像


小屋に帰ったら雨がザーザーと降ってきて、ついている私達。
トイレも水洗、水もごんごん出て快適な施設です。
水場でmimiさんが淡麗とチューハイを冷やしてくれ、
まずは乾杯
画像


今回はマーボーナス丼を作りました。
(なすとレトルトマーボー素とレトルトご飯です。量たくさんすぎ・・)
画像


私達の他には中高年の夫婦が二人だけで静かな夜かな、、と思っていたら
夕方すぎに車2台くらいで山のようなお酒と食料をもってきた6人くらいのグループが。
大宴会がはじまる模様。。。

小屋の中ではなくて外で椅子とバーベキューセットで宴会をしていましたが
かなり盛り上がって、オートキャンプのような雰囲気で静まることを知らず。

私達は明日も早いので早々に二階にあがって寝床につくことに。
広々使えるはずがびっしりとシュラフがしきつめられています。

階下ではにぎやかな(うるさい)宴会が続いて寝られないな、、と思ったのもつかのま、クーと眠りに
(幸せな体質だ。。)

でも夜中に目をさますと、今度は大いびきがなりひびいていて、これはなかなか気になりました

マイカー規制のシーズンなんですが、バス時間が終了したら関係ないのかなぁ?
翌朝もがつがつ車はいってきたし、きちんと規制してもいいと思われる。

2日目
4:00起床。中高年のご夫婦から「寝られました?ひどかったわねぇ」と同情の言葉が。
朝ごはんはミルクティークリーム薄皮パンですが味はいまいち。
5:00出発。今日は笹森山経由で乳頭山に向かいます。

朝露にぬれるチングルマとイワカガミ。
画像


残っていたコバイケイソウ。
画像

マイヅルソウ。
画像


笹森山はその名のとおり笹に囲まれまるっとした山ですが、ガスなので頂上はスルー。

あとはずっと緩やかな横に進む道。晴れていたら天気がいいんだろうなー。
笊森山を超えるとニッコウキスゲのお花畑。ガスっているのが残念でなりません。
画像


熊の足跡っぽいです
画像


くるんとしてかわいいミヤマホツツジ。
画像


そして千沼ヶ原への分岐を近づくと、、待望の太陽が
画像


岩手山も見えてきました!
画像


行く手には乳頭山です。こちらからは烏帽子岳という呼称のほうがしっくりくるかんじ。
画像


来た道をふりかえります。
画像


少し登って乳頭山到着。
画像


これからむかう田代平の小屋が見えます。おとぎ話みたい
画像


ガスがすっきりとは晴れなかったけど山頂の景色を堪能したあと下ります。
下りはじめると初めて秋田駒の姿が。
画像


田代平小屋の前には湿原が広がります。
湿原に咲いているキンコウカ。
画像


くだっていくとブナの森に入ります。
気持ちいい〜。
画像


テクテクくだって乳頭温泉郷つきました〜。
黒湯がすぐありましたが、バス停に近いところまでおりようと歩いていきます。

キレイな妙乃湯にはいります。こんなドロドロですみません。と恐縮。
画像


お湯は女湯は内湯と褐色の露天。気持ちいい〜。
泊まりたいと思うくらい素敵な雰囲気でした (いい値段するけど)

バスの時間まで少し急いで稲庭うどんいただきます。幸せ〜
画像


バスに乗って田沢湖駅へむかいます。
お土産に地酒といぶりがっこを買い、車内でまたまた反省会
画像


まとめ
久々登山、登り少なめでリハビリにぴったりでした。
この時期は雨が降らないだけ○、とおもっていたのに、たくさんのお花にであえ、
後半にはガスも晴れて温泉も素敵で大満足でした♪
岩手山〜八幡平へのずっと続いている尾根の縦走も長いけど気持ちよさそうだなぁ。

山メモ
7月10日
8:44東京駅出発〜11:34田沢湖駅 12:15田沢湖駅〜バス13:19駒ヶ岳八合目 着
13:35  八合目小屋 発 〜14:44〜秋田駒ヶ岳〜15:12横岳〜15:57焼森〜16:30八合目小屋

7月10日
5:00八合目小屋〜6:00湯森山〜8:25乳頭山〜10:30頃 乳頭温泉郷


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
花の秋田駒ヶ岳〜乳頭山縦走@
7/10(土)、11(日)とmackyちゃんと秋田駒ヶ岳(八合目小屋 泊)〜湯森山〜笊森山〜乳頭山〜乳頭温泉郷 を歩いてきました。秋田駒ヶ岳は花の百名山として知られ、期待通りたくさんのお花が出迎えてくれました。7/10 8:28  東京 発 新幹線こまち1 ...続きを見る
山へ海へ川へ!
2010/09/07 01:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。初めまして。
わぁぉー!めちゃ参考になりましたー。
一度は訪れてみたい花の秋田駒、普段、お山へは車で行ってるので気づかなかったけど(気づけよ!)、
東京から新幹線で行けばアクセスもラクちんですね。
帰りは反省会も出来るし・・・。

それにしても、このお山は、女性的な稜線でナイスですね!
ガスも反って、なんだか幻想的でいいですね(でも、自分が行く時は晴れてて欲しいけど)。

sho
2010/09/07 15:31
>shoさん
はじめまして、コメントありがとうございます!!
秋田駒、ほんと花のお山です。
電車でのアクセスはコストはかかってしまいますが、
楽チンで東北方面は結構利用価値高いと思います。
ぜひぜひ活用してみてください♪
macky
2010/09/07 22:58
お花いっぱいで楽しかったね。
避難小屋もきれいで快適だったわ。あの人たちがいなければ・・・

また晴れた日に歩いてみたいね!
もう少し時期遅くしてニッコウキスゲの時期か
早めてチングルマ満開の時期か・・・
mimi
2010/09/08 00:57
mimiさん

ほんと、良かったですねー(^o^)
前にずらせばチングルマともタカネスミレとも時期がかぶるかな?
macky
2010/09/10 00:25
久々に覗きにきました。まだ梅雨が明けてない・・・。この次の週から一気に梅雨明けで先週末までずっと暑い日々が続きましたね。今シーズンも残り2ヶ月弱(滑りが始まってしまうので)ですが、どこかでご一緒する機会があればと思います。
naki
2010/09/10 23:09
nakiさん

久々にかきました(^^;
タイムラグありすぎですみません。
やっぱり興奮冷めやらぬうちに書くべき、と思っています。
ぜひ秋山ご一緒できればよいですね♪
macky
2010/09/12 09:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
百花繚乱 初夏の秋田駒ケ岳 やまのぼらーな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる