やまのぼらーな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の山寺と月山 (前編)

<<   作成日時 : 2010/11/07 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

「閑さや岩にしみいる蝉の声」とかの松尾芭蕉が読んだという
山形の緑色濃い山寺と、花の月山に8月上旬いってまいりました
画像

画像


今回のコンセプトは寺+温泉+山です。
東京駅7時40分くらい発のつばさにのって出発 
(7月にいった秋田駒へのときの時間と勘違いしてて、かなり朝あせりました

山形駅でレンタカーを借りてまずは山寺へ向かいます。
門前のおそばやさんでおそばをいただきます。
おいしい

山寺こと立石寺への石段を登っていきます。
ふりかえると東北の夏、といった緑が充満しているような夏の景色。

煙をあびて、まずは根本中堂におまいり。
画像


触られてすべすべになった恵比寿様?大黒様?がほほえましいです。
画像


大きい銀杏の樹もあります。
画像


山門を通ると森の中の道へ。

石像とコケと木と。素敵なところです。
画像


しばらくすると「せみ塚」という芭蕉が詠んだ句を埋めて塚を作ったところがあります。
画像


そして角には弥陀洞という阿弥陀如来の形に見えるという大きな岩が雨風に削られてできたという。
阿弥陀如来にはみえそう、、、かな?
画像


振り返ると美しい仁王門。紅葉とかきれいだろうなー。
画像


仁王門をくぐると茶屋があるのでしばし一息。
もう汗がぐっしょりです。

もう一息乗り切ると奥の院と大仏殿がありますが、割とあっさりした雰囲気です。

重要文化財という三宝小塔があるという看板に導かれてすすむと、
ん?どこだ?と思ったらこんな小さいものでした。
画像


向こう側にはきりたった岩にそびえたつ釈迦ヶ峰。修行の場です。今は一般は立ち入り禁止です。
私がもっていた山寺のイメージってこれかな。鳥取の投げ入れ堂とちょっとごっちゃになってるけど。
画像

下っていって、下の茶屋でラムネとカキ氷をたべて暑さに一息。


そしてあとは月山志津温泉の旅館まで向かいます。
宿についたらものすんごいどしゃぶり+雷で、今日登らなくてよかったわー。
お風呂もご飯もとーってもおいしくて幸せでした

明日は晴れますように

つづく。。
ネット遅くて時間かかります。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夏の月山@出羽三山
7/19(月) こちらに速報をあげたように、月山に登りました。早朝に自宅をでたため、特に渋滞もなく順調に北へ北へと進みます。途中SAでしばらく休憩をとりながら。山形自動車道は実験的高速無料化の対象でした。9:00前に月山姥沢の駐車場着。 スキー板を担ぐ人 ...続きを見る
山へ海へ川へ!
2010/12/03 23:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんと、更新されてる!笑
シンガポールからこのTHE日本的記事のアップ、
うけるんですけど。
引き続きがんばって〜。

しかし、あんま離れてる感じしないなぁ。
moko510
2010/11/19 20:40
更新してますですよー。
でも前編書き終わったとこでホテルから移ってネットなし環境なんで滞ってます(^^;;
明日開通なんで今年中には全部かきたいでっす。
遅い(笑)
macky
2010/11/19 23:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の山寺と月山 (前編) やまのぼらーな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる