谷川岳~茂倉避難小屋 宴会紅葉登山♪

一年ぶりの登山、一泊で鍋できて、紅葉楽しめて、それほどきつくなくて、
でもそこそこ登って、「山に抱かれてる」感を感じられて、とわがまま要望にあてはまったのは、
そう、谷川岳です。mimiさんとマコトさんにお付き合いいただきました☆
mimiさん作雪だるま
画像

社会人になってはじめて大勢(同期山の子)とのぼったのが谷川岳でした。
「ステビバ」という単語とかをはじめて知ったし、ワンゲルサークル出身の同期にいろいろ指導されたり。
(でもとんと言うこときかなかったけど・笑。よってあの四角いポリタンはもっておりません)
でもそのときがあったからこそソロテント縦走もできるようになったのでしょう。
みなさん家族ができて山にご無沙汰していますがまた一緒に登りたいな

2011年10月29日-30日
さて、夜中にピックアップしていただき、田町駅にたどりつけなくて西日暮里駅までいったりしながら、
朝5時半くらいに土樽駅到着、30分仮眠
画像


ここから一駅ローカル上越線で土合駅にむかいます。レトロ電車。かわいい。
画像


「日本一のモグラ駅」の土合駅です。下り線ホームなのでモグラ側は味わうことできなかったですが、
いつかあの階段を降りたいですね。
画像


ロープウェイの駅をとおりすぎて横のゲートから歩きはじめます。紅葉がいい感じです。
画像


西黒尾根登り口です ”そんなにきつくなく” なはずでしたが日本三大急登ですが、、でもせっかくだから、ね。
画像


さて、と登りはじめて20分後、、、「に、荷物ちょっと持ってもらっていいですか?」・・ヘタレマッキーです

紅葉に励まされながらゆっく~り登っていきます。
画像

画像


立ちはだかる谷川岳。が、がんばります。
画像


長雨の影響からかいまいち紅く染まりきってない感じですが、常夏からくると十分味わい深い紅葉です。
画像


ほんと亀の歩みで、いろんなひとにぬかれつつも白毛門みながらがんばります。
画像


やっと鎖り場登場。カラダが重い(泣)
画像


そしてラクダの背。まだまだ先ですね・・・。
画像

画像


名前もいかめしい巌剛新道と合流点は日陰には雪がちらほらのこっています。
画像


ようやく尾根に到着。しんど。でも肩の小屋からの万太郎山への稜線に萌。
画像


トマの耳到着。
画像


でも人が多すぎてすぐ移動。
画像


道が凍っているor溶けてドロドロでとっても歩きにくし。

谷川岳山頂(オキの耳)とうちゃーく!イェイ。
画像


またまた人があふれてるので一ノ倉岳向かって移動。
奥の院の鳥居を超えるとぐっと人が減ります。
画像


途中一ノ倉沢を覗ける”ノゾキ”。見ているだけでゾワゾワ。
画像


一ノ倉岳への最後ののぼりは疲れ果てて無心。ついた~~~。もうほとんど登らなくていい、はず。
画像


芝倉沢とはBCでよく滑られるそうな。BC技術&経験、帰ったらまたイチからがんばろ。
画像


茂倉岳を越えるとようやく今日の宴会場、茂倉岳避難小屋が見えてきました。
画像


もうちょっと。
(Photo by mimiさん)
画像


小屋がいっぱいだったらどうしよう、と心配してましたが、先客二組のみでした。(最終的にはほぼ満員になりましたが)

そして、夜は念願の、鍋! モコさんお手製味噌でうまうまです。豚肉もいいやつ奮発したし♪
画像


つまみわけてもらいながらお酒を飲み、ゆっくりと更けていく山の夜。幸せだー。
これをやりに帰国したようなものです。えぇ。

そして朝起きて夜明け前のこの景色。うーん、幸せ。
画像


今日は下りのみ。いい道。
(Photo by マコトさん。なんかNikonよりスマホのが色がきれい・・。)
画像


さくさく下って、、と思ったら途中バランスを崩して笹薮にプチ滑落。
笹につかまって止まりましたが、二人に引っ張りあげてもらいました。
いやー、急な崖でなくてほんとよかった。危ない危ない。

矢場の頭という登りをすぎ、根っこのみの細尾根を超えていくと素敵な素敵なブナ林。
いいねー。
(Photo by マコトさん)

画像

画像


林道到着。ススキ野原。
画像


土樽駅にむかって歩いていると雨がぽつぽつと。天気はなんとかもって雨女返上ですv
途中川端康成の「雪国」に出てくる清水トンネルが。
画像

画像


お風呂も川端康成もつかったという越後湯沢の外湯「山の湯」
お湯熱っ!と思ったけど湯船つかると意外と耐えれます。疲れがほぐれるー。

お昼は湯沢駅前のへぎそば「中野屋」で天ざる。美味。
画像


まとめ
ヘロヘロでしたが、ばっちりチャージできた充実の2日間でした。山が好きだー。
山+鍋+温泉。最高です。おかげで残り一年間の海外生活をがんばれそうです。
体力低下が情けないほどでしたので、トレーニングもしっかりやろっと。
mimiさん、マコトさんありがとうございました!
またご一緒しましょうねー。






この記事へのコメント

mimi
2012年01月05日 22:26
楽しかったね。帰国したらまた山いこうね。

ちなみに田町ではなく田端です・・・
macky
2012年01月06日 00:21
mimiさん きゃー、ほんとだ。失礼しました(汗
楽しかったですねー。いやぁよく歩きました。
☆マコト
2012年01月06日 11:03
久しぶりの登山お疲れ様でした!
西黒尾根はハードだったね。でも充実した山行になってよかった。

帰国したらまた行こう!
タマゴ
2012年01月06日 20:45
ご無沙汰しております。お元気そうですね~
年末年始のネパールレポ、楽しみにしています。
macky
2012年01月07日 00:24
>☆マコトさん お疲れ様でした!西黒尾根はそこそこハードでしたが、それ以上に私がヘタレでしたです。次は聖・光ばっちりぐるりできるくらい鍛えておきますよー。
macky
2012年01月07日 00:27
>タマゴさん
お久しぶりです。タマゴさんもあのあたりいかれた記憶がありどこいったんだったっけ??といっぱい足跡つけちゃいました(^^; ダージリンからカンツェンジュンガ見たのでしたでしょうか? ネパールには植村直己の「エベレストを越えて」を持ってたので余計によくわかりました。登山黎明期のその他の本も山の名前と実物見たからにはいろいろ読みたいと思ってレビュー参考にさせてもらいますね。
moko510
2012年07月07日 12:28
遅ればせながら、、、

お天気に恵まれて楽しい山歩きになったみたいだね~。
谷川はほんといいとこだよね。
いつか万太郎~平標縦走行きましょう!
あ、馬蹄形も!!

あと半年、がんばって!
macky
2012年07月12日 01:30
記事自体がめっちゃ遅れているので問題なしです。
ほんと月日はあっという間!
帰ったら二年間の鬱憤晴らすように山にのぼります。

この記事へのトラックバック